記事一覧

ジキルとハイドに恋した私☆25~26話





ソジンはサーカス団のみんなとランチに行ったり
遊園地に行ってバイキングに乗ったり・・・
みんなと仲良くなって笑ってはしゃいで自分を変えようとしてるんですね。

そして会長に「全てを放棄してでもハナさんを守る」と言ったそうです。

「ハナさんが好きなのはロビンなのに・・・
つまりロビンを守るってことになるんだけど・・・
常務は病気を治す気がないようだ。」と言うクォン秘書。
PDVD_000_2016071022454790e.jpg


「治療しないつもり?」

「心配か?俺を心配する先にロビンの消滅がある。」
PDVD_001_201607102245499a0.jpg


「ロビンと俺は別々の人間なんだろ?
なのに心配するのは俺のことが好きだということだ。
なぜ気持ちを偽るのか君はわかってる。
俺を愛せばロビンが消滅するからだ。
だけど君はロビンと俺2人共愛してる。」


「病気を抱えたまま生きていくつもりなの?」
PDVD_002_201607102245501f4.jpg


「人は誰しも痛みを抱えている。
幸い俺の痛みは善人のロビンだ。
君はロビンを愛している。
だから喧嘩しながらでも3人で生きていこう。」

PDVD_003_20160710224551c9f.jpg


「どんなに常務が変わろうと私の気持ちは変わらないわ。」
PDVD_004_20160710224553e86.jpg


「その姿勢、実にいい。
君が変わらなければ共に生きていける。」

PDVD_005_20160710224800223.jpg

「ならどうして私の気持ちを確かめようとしたの?」

「俺には気持ちを確かめることしかできないからだ。
何かしようとすると3人の均衡が崩れる。」



なんかここの会話イマイチ意味がわからないんだけど・・・w
ようするに、ハナはソジンが治療しないと聞いて心配している、
ソジンは俺が治療したらロビンが消滅するよ?
なのに治療を勧めるってことは俺のことが好きなんだろ?
俺のこともロビンのことも好きなんだろ?って言ってる、
で、3人の気持ち全てを丸く収めるには治療せずこれからも3人で生きていこう、とソジンが提案してる。
ってことだよね?



リュ代表が記者を呼んでまた何か企んでいるようです。
ク常務は精神的な問題があるから決定的な証拠をつかんで記事にしろ、と。
PDVD_006_201607102248020aa.jpg


ソジンはビールを飲みながらTVを観たり・・・
PDVD_007_20160710224803dc5.jpg


寝っころがって漫画を読んだり・・・
PDVD_008_201607102248058c2.jpg


リラックスした生活を送ってますね。
冷徹でロボットみたいだったソジンが段々人間らしくなっていってます。


クォン秘書から、ソジンがロビンのことを公表しようとしたと聞いて驚くロビン。
そしてそれをハナが止めたことも・・・。
それはショックだよね・・・
PDVD_009_2016071022480761d.jpg


「このまま僕は何もしないほうがいい?
だからソジンを止めたんだね。
ハナさんはソジンの肩を持った。」


「誰かの肩を持ったわけでは・・・」
PDVD_010_20160710225027290.jpg


「だから余計につらいんだ。
僕の存在を知る人は10人もいない。
なのにハナさんまで否定したら
僕はソジンの虚像になる。」


「否定なんかしてないわ。
あなたの望みはかなえてあげたい。
だからと言って私たちの幸せのために誰かを犠牲にできないわ。」

PDVD_011_20160710225029ef2.jpg


「ソジンと僕、両方は幸せになれない。
ソジンに迷惑をかけず僕を認めてもらうのは無理だ。
いつ消えるかわからないのに”僕を愛して””君を愛してる”
そんなこと言えない。」

PDVD_012_20160710225030d6f.jpg


ロビンの言ってることが一番まともと言うか、共感できるわ。
ハナは何がしたいのかよくわかりませんね!
優柔不断だし言ってること矛盾してるし綺麗事すぎる。
ロビンが可哀想



ロビンとハナが乗ってる車が後ろから追突されました。
例の記者が雇った男です。
追突してきたくせにイチャモンをつける男。
「免許証を出せ」と言われ、何も言えないロビン。。。
PDVD_013_2016071022503141e.jpg


警察が来て、「免許証を出しなさい」と言われても出さないロビン。
「名前とID番号を」と言われても答えないロビン。
PDVD_014_20160710225033b06.jpg


ハナが、「彼の名前はク・ソジン・・・」と言いかけると

「ク・ソジンではありません。」
PDVD_015_20160710225239f85.jpg


警察に連れていかれるロビンとハナ。


「僕の名前はロビンです。」
PDVD_016_20160710225240fa9.jpg


だけどID番号がないから答えられないんだよね。


この場を乗り切るためにク・ソジンと名乗りソジンのID番号を言えば済むのに
自分の名前を偽るのは嫌なんだね・・・
「僕はソジンの虚像じゃない」というロビンのプライドかな・・・



例の記者がやってきて
「もしやウェブ漫画家のロビンですか?」と尋ねます。
PDVD_017_2016071022524171b.jpg


記者たちに囲まれるロビン。
PDVD_018_20160710225244041.jpg


するとハナが・・・
「ええ、彼はウェブ漫画家のロビンです。」
PDVD_019_20160710225245c99.jpg


驚くロビン。ロビン、嬉しそうだね。
公の場で自分の存在を認めてもらえたんだもんね!
だけど・・・
PDVD_020_20160710225414a24.jpg


「ですがロビンはペンネームです。
彼の正体は・・・ワンダーランドの常務ク・ソジンです。」

PDVD_021_201607102254154d7.jpg


ロビン・・・複雑だよね・・・
PDVD_022_201607102254164bb.jpg


だけど一応事は収まり、ソジンを破滅させようとしたリュ代表の企みは失敗に終わりました。
ロビンは複雑だろうけど、これが最善の方法なのかも。
PDVD_023_2016071022541818b.jpg


ニュースを見て驚くソジン。
PDVD_024_20160710225420a6f.jpg


「3人で生きる道をみつけた。ありがとう」と言うソジン。
PDVD_025_20160710225543b71.jpg


確かにソジン=ロビンってことにすればロビンも堂々と外に出られるもんね・・・


「記事を削除させろ!」と怒る会長ですが
重役たちがやってきて
「大ヒットです」
「オーナー2世が話題のウェブ漫画家だった。
最高の宣伝材料です」
「ク前常務は経営的手腕だけでなく
芸術的才能もお持ちとは!」
と喜んでいますw

そしてワンダーランド内にロビンの漫画のテーマ館を設置しましょう、と。
PDVD_026_20160710225545b0e.jpg


記事を見た友人たちからソジンに電話やメールがたくさん来るようになりました。
ソジンにもたくさん友達がいたんだね。
嬉しそうなソジン。
PDVD_027_20160710225546249.jpg


そしてソジンと見つめあうハナ。。。
PDVD_028_20160710225547868.jpg

なんだかいいムードだよね~~~


今後、同一人物を装うためにソジンとロビンはお互いの領域を勉強し、
記憶を共有しなければなりません、と言うクォン秘書。
PDVD_029_20160710225550864.jpg


ロビンは、”ウェブ漫画ウィーク”というイベントに参加することになりました。
ロビンの初の公式行事です。


ロビンとソジンは、100問ずつお互いへの質問を書くことになりました。
そしてその質問に答えを書いて交換します。
PDVD_030_20160710225717a62.jpg
PDVD_031_20160710225718315.jpg


お互いの回答を読みながら今まで知らなかったお互いのことを知っていくソジンとロビン。
ソジンとロビンって好きなものもやりたいことも全く違うんだよね。
PDVD_032_20160710225721e7c.jpg


初めての公式行事に参加することになったロビン。
PDVD_033_20160710225722b8b.jpg


会場に着くと・・・
ファンや記者から大歓迎されるロビン。
PDVD_034_201607102257232a3.jpg
PDVD_035_201607102258108f1.jpg


ロビンとしてニュースにもなりました。
PDVD_036_20160710225812a94.jpg

良かったね・・・ロビン


幸せそうな2人~
PDVD_037_20160710225813c82.jpg


ロビンにラジオ番組に出ないかという誘いがありました。
「僕の名前と声が録音されて残るなんて夢みたいなんだ」
PDVD_038_20160710225815ba9.jpg


「ハナさんは僕のペンだ。
来年も再来年も僕のペンでいて。」

PDVD_039_201607102258178b5.jpg


ついにロビンがラジオに出演しました。
恋愛相談のコーナーに出るんだけど
結構いいこと言うんですよね。
心がピュアだからリスナーの心もぐっと掴みそう。
PDVD_040_20160710230219f3e.jpg


ハナも嬉しそう^^
PDVD_041_20160710230220f0c.jpg


翌朝ソジンが目覚めると、なぜかラジオ収録中のロビンの記憶があり・・・
PDVD_042_20160710230222865.jpg


そして、ロビンは、ラジオ収録中の記憶がなくなってしまいました
PDVD_043_20160710230223560.jpg


ロビンの記憶が消え、ソジンに記憶が移ったこと、
お互いのことを学びあったと聞いたカン博士は
「それは優れた治療法だ」と言います。
「治療は消滅ではない。2人の記憶が合わされば2人は一つになる」
PDVD_044_201607102302269f5.jpg


「僕にとってそれは消滅です」
PDVD_045_2016071023034536f.jpg


「消えたら僕という存在はどこへ?
ソジンの体は生きているのに
僕には魂も肉体もないと?」

PDVD_046_201607102303471bc.jpg

うわーーーんロビンが可哀想ーーー。・゚・(ノД`)・゚・。


ハナの電話に出ず部屋に閉じこもるロビン・・・
PDVD_047_20160710230348de7.jpg


やっと部屋から出てきたロビン。

「生きてたのね・・・。よかった。」
PDVD_048_2016071023034966d.jpg


「どうしたの?」

「1日だけ1人でいたい。
少し疲れてるのかもしれない。」

PDVD_049_20160710230351cca.jpg


「自然に2人が一つになりつつある」とカン博士から言われたソジン。
「ダメです。まだ心の準備が出来ていません。誰一人。」
PDVD_050_201607102305298d3.jpg


ロビンの様子がおかしかったが何か知ってるかとソジンに尋ねるハナ。
ソジンは何もない、と言ってハナを安心させようとします。

「もし何かあるのなら常務だけでも私に話して。
2人で隠さずに。」

PDVD_051_20160710230530746.jpg


「食事しろ。病気になるぞ。」
PDVD_052_20160710230531d6b.jpg

ソジンも優しいんだよね・・・
どっちもいい男だな・・・



部屋から出てこないロビン・・・
PDVD_053_20160710230533e5d.jpg


ロビンが心配なハナ・・・
PDVD_054_201607102305349b3.jpg


「ハナさんの顔を見たら・・・
僕が何を言い出すかわからない。
ハナさんを責めるかも・・・」

PDVD_055_201607102308163c9.jpg


「ごめん・・・
準備ができてない
どう去ればいいか
ハナさんとどう別れるか・・・」

PDVD_056_20160710230817ca0.jpg

PDVD_057_20160710230818b0a.jpg

うわーーーーん。・゚・(ノД`)・゚・。


そしてハナを心配するソジン・・・
PDVD_058_20160710230820c00.jpg

3人共切ないよ~。・゚・(ノД`)・゚・。


今日はハナの誕生日です。
ワカメスープと祝い膳を作ってくれるソジン。
PDVD_059_20160710230823017.jpg

いつの間にこんなにマメで料理上手になったの!?
ロビンに会えなくて悲しんでいるハナをソジンが慰めます。。。


夜の8時になってもロビンは現れませんでした・・・

「何だ?おかしいぞ。まさかロビンが消えた・・・!?」
PDVD_060_20160710230959c89.jpg


今日はラジオ局でハナの誕生日のサプライズパーティーの日です。
ロビンが事前に準備していたんですね。

ハナを悲しませないためにロビンが起きなかったことは秘密にするソジン。
ロビンのフリをして1日を乗り切るつもりのようです。

「ロビン!どうしたの?なぜ電話に出てくれなかったの?」

「ただ、幸せすぎて・・・
ここ数日、想像もしてなかった経験ができた。
いや、想像はしてた。
何度も空想してきた出来事だ。
実際に経験しても夢のようで・・・
でもハナさんを見ると現実だと思える。
夢のような出来事がいつまで続くのか心配だし
そんなことを考えて混乱したみたいだ」

PDVD_061_20160710231000fb4.jpg


「ロビン・・・夢じゃないわ。
絶対に覚めないから安心して。」

PDVD_062_20160710231001fa2.jpg


ラジオ局にハナと一緒に車で行くんだけど・・・
ソジンは車の運転ができないんだよね。
PDVD_063_20160710231003858.jpg

運転席で困ってたら・・・
事情を知ってるクォン秘書が運転を代わってくれましたw


いよいよラジオ番組が始まりました。
PDVD_064_20160710231004e56.jpg


ソジンは上手くやってます。
ハナも全然ソジンだと気付いてないみたい・・・
PDVD_065_2016071023120619c.jpg


最後のお便りを紹介するフリをしてハナへのメッセージを読むソジン。

「僕は消えることを恐れて生きてきました。
でも新しい人生を生きようと決心したのです。
昨日誰かが僕の元を去り
明日僕が消えても
今日を生きる。
チャン・ハナさん。君と共に。」

PDVD_066_2016071023120740e.jpg


すると仲間たちがケーキや風船を持ってハナの元に・・・!
PDVD_068_20160710231211667.jpg


とても幸せそうなハナ・・・
PDVD_069_20160710231212964.jpg
PDVD_070_201607102314021a0.jpg


そして幸せそうなハナを優しく見つめるソジン・・・
PDVD_071_201607102314038cb.jpg



ロビンが消えちゃったらどうしよう~。・゚・(ノД`)・゚・。
ハナが悲しまないようにロビンのフリをするソジンも切ないよ~。・゚・(ノД`)・゚・。
だけどソジンが・・・ロビンに見えてくる・・・
ハナも全く気付かないし。
ソジンが優しくていい人になってきたから
ロビンが消えちゃうのは嫌だけど
ロビンとハナがくっついちゃうのもソジンが可哀想でつらいよ・・・








ポチっと応援よろしくおねがいします
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

みーこさん(๑'ᴗ'๑)
いよいよロビンとソジンが1人になってしまいそう~( ノД`)
みーこさんの葛藤が良くわかった(笑)!!
記憶が一緒になっちゃったら統一しちゃうってことよね~
それにロビンの真似をしてもハナにバレないって相当だよね。
うぅーーロビン~・・・

やよさん(●´ω`●)

そうなの~~~(ノω・、)
ロビンが消えてしまいそうで悲しいよ~。・゚・(ノД`)・゚・。


> それにロビンの真似をしてもハナにバレないって相当だよね。

そうそう!
ハナは全く気付いてなかったからね・・・
ソジンが段々ロビンっぽくなってきたみたい・・・

拍手鍵コメ只****さま(●´ω`●)

コメントありがとうございます♪
現在視聴中ですか?

ついに恐れていたことが~~~。・゚・(ノД`)・゚・。
私もこのまま3人でいいのに~って思います!
ロビン消えないで~~~。・゚・(ノД`)・゚・。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みーこ

Author:みーこ
みーこのお気に入りたち☆

韓国スター
韓国ドラマ
韓国映画
K-POP

などなど・・・。

ハマると凝り性だけど、熱しやすく冷めやすいみーこがマイペースにご紹介していきます。

☆東方神起館☆

東方神起のことだけを書いた別館です。 遊びにきてね♪

みーこからのお知らせ

- Information -

☆現在視聴中のドラマ☆

青い海の伝説

華麗なる遺産(2回目)

月桂樹洋服店の紳士たち

キム課長とソ理事

マイプリンセス

☆最近みたドラマ☆

ナイン

波乱万丈嫁バトル

プロデューサー(2回目)

トンイ

☆最近みた映画☆

トガニ


-- E N D --
.
.

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

twitter

FC2ブログランキング

ポチッ☆とよろしくです♪

にほんブログ村

ポチっと応援してね♪

カテゴリー

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

ブログ村ランキング